タグ別アーカイブ: 片付け後の掃除と物の配置その四。

片付け後の掃除と物の配置その四。

お風呂場の掃除と排水口の洗浄が終わったら、ボディーシャンプーやシャンプーなどの備品をどう配置するかで、今後のお風呂場の掃除が楽になるか?面倒になるかの分かれ道になります。トイレと一体型のユニットバスはシャンプーや石鹸などを置く場所が無いのがほとんどです。ですから、クラスチック製のミニバスケットを用意して、ご自分が使用するシャンプー・リンス・コンディショナー・歯ブラシ・プラスチック製のコップ・女性であれば洗顔用の洗剤などをミニバスケットに入れて一つにまとめて入れて置くと良いでしょう。

そこで大切になるのが、そのミニバスケットをどこに置くかです。洗い場や洗面台に置くと、バスケットを置いた所の下が汚れて掃除が大変になります。なので、そのミニバスケットはお風呂から上がったら、物干し竿につるして置くと良いでしょう。なぜかと言うと、お風呂場で使う物ですから当然濡れても大丈夫になっている物でしすから物干し竿に吊るして置いても問題ないはずです。因みに、私が一人暮らしをしている時はこの様にしていました。

結論を申し上げると、お風呂場は絶えず湿気がある所なので出来るだけ物を置かない事を心がける事が必要になります。

お風呂とトイレの一体型のユニットバスの場合、お風呂とトイレの境目が無いので、考え方としては全部をお風呂場という意識を持った方がいいかも知れません。

トイレですが、トイレの回りはお風呂の掃除と同時しましょう。そうすれば、あとは便器だけですので便器を掃除するブラシとトイレ用お掃除シートを準備、そこで大切なのが掃除よう洗剤を何を選ぶかです。

私達プロがお勧めする洗剤は、昔から有るサンポールが一番良いと思います。それと、詰まりが酷い時には、先日も紹介したピーピースルーKを併用すると完璧です。

ただここでの注意点は、サンポールは混ぜるな危険の物ですから絶対に他の洗剤と混ぜないで下さい。初めにピーピースルーKでトイレの流れを良くしてから、サンポールで汚れを落とし後にもう一度ピーピースルーKで全体の汚れを落とせば完成です。

片付け専門アイカエコサービス