タグ別アーカイブ: 免許証取り消し。

ノンスタイル井上

免許取り消しの可能性?

12月に入り、忘年会のシーズンでもあります。

先日、ノンスタイルの井上さんが交通事故を起こし当分休業する見込みとなりました。

そこでです、井上さんは事故を起こし逃げたのでしょうか?

道路交通法を甘く見ているのでは。

事故を起こした本人は単なる当て逃げ位にしか思ってないかも知れませんが、事故にあわれた方が怪我をした(むち打ちや打撲など)場合、ひき逃げになる事を一般の方は知らない人が余りにも多いので、今日はブログに書きました。

どんな些細な交通事故でも、いったん車から降りて相手方と話しをする事が大切です。

ここで、交通事故の対処方法をご紹介致します。

まず、相手方が歩行者であろうが自転車であろうが車であろうが、まずは車から降りて相手方の被害状況を確認して、警察を呼ぶ事です。

勿論、被害者の怪我がひどい場合は合わせて救急車の要請もしましょう。

これから申し上げる事が免許証を守る対処法になりますので、是非覚えて置いて下さい。

ここでよくある免許証取り消しになるケースです。

朝の忙しい時間帯に事故が発生し、相手方が歩行者や自転車で大丈夫ですと言ってその場所から去ってしまう事が有りますが、その場合は事故発生現場の一番近い交番か警察署に行き事故の状況を説明して、事故の受理をしてもらい、受理番号を貰うようにしましょう。

このような対処をしておけば、あとから被害者が分かり仮に人身事故扱いになっても免許証の取り消しは有りません。

上記のような事故が起きて、会社に出勤したら上司から事故と言う事で届出を出した方が良いと言われて、後から事故の報告が出ると当て逃げではなく、ひき逃げになり免許証取り消しとなるケースがほとんどです。

この事故で万が一相手方が分からなくても、受理番号があれば車両保険も使えるので、面倒くさがらずにかならず届出を怠らない事です。

あ~~~