月別アーカイブ: 2016年9月

ゴミ屋敷は大変その二。

ゴミ屋敷にしてしまうと大変な事になります。

昨日の続きになりますが、片付けの家の横の家はプロが認める本当のゴミ屋敷です。

なぜ大変な事になるのと申しますと、外にまでゴミが有ると言う事は、ご本人がゴミを集めなくても次第にゴミがドンドン増えて来ると言う事です。

家の周りにゴミが溢れてくると、他の人が自分の家で処分に困っている不用品や粗大ごみを勝手に置いて行ってしまう事になり、日に日にゴミが増えて手に負えない状況を招き、酷い場合には行政の指導が来る為です。

まして、その家を売りに出していますが買い手が着くはずも有りません。

不動産会社も売り主の方に、ゴミ屋敷を綺麗にしないと家は買い手が付かないと言って上げるべきです。

ともかく、あのままの状態を放置しておくと、誰かが火を付けたり防災面でもとても危険です。

出来れば、ご近所の方が区役所などで相談してみた方が懸命だと思います。

ゴミ屋敷・汚部屋・遺品整理などは放置していても良い事は何一つ有りません。

片付け専門アイカエコサービス

ゴミ屋敷は大変。

ゴミ屋敷にすると大変な事になるケースも?

今日は横浜市内の引っ越し後の残置物、(引っ越しの時に残して行った物)の片付けに行って来ました。

実は昨日、今日の二日間だったのですが、その片付けの家はごく普通の片付けだったのです。

ですが~横の家が凄い事になっていました。

横の家の前には、家主が置いたのか?はたまた他人が置いたのか?分からないのですが、一日目に見た光景と二日目に見た光景は違う物でした。

何を言いたいか分かりますか?

横の家の塀の回りにゴミが出ていて、外から見ても~ここはゴミ屋敷と分かる家なのです。

一般の方がテレビなどで見る本当のゴミ屋敷です。

驚いたのはそれだけでは有りません。

なんと~その家を売却に出しているのです。

玄関の門扉に売り物件と書いてあるではありませんか~

私の関心は売りに出している事ではなく、中古物件ですから当然不動産会社が見積もりして

周辺の相場状況を加味して、売り主に助言すると思うのですが?

不動産会社はその家に入ったかどうかが気になったのと、昨日よりゴミが増えている事です。

まだ続きはありますが、また明日に致します。

片付け専門アイカエコサービス

片付けの悩み。

不用品回収の悩みやゴミ屋敷・汚部屋・ゴミ部屋・片付け全般の悩みを抱えている方が多くいらっしゃいます。

今現在は片付けなくても問題はないのかも知れませんが、いつかは片付けないといけない時期が必ず来ます。

一人で悩んでいても~何の解決にもなりません。

今片付けたい、いつ位までには片付けたいとお考えなら、まず、信頼出来る業者に相談だけでもしてみるべきだと思います。

なぜかと申しますと、悩んでいてもゴミや不用品は増える一方です。

増えれば増える程、費用の負担が大きくなり、ご自分の首を自分で絞めるようなものです。

頼む頼まないは別として、相談してみて今ご自分で何が問題で片付けられないのか?

今の現状が把握出来るはずです。

例えば、片付け費用が足りなくて今は出来ないとか?

では、足りない費用はいつ迄にどうやって工面するのか?

貯蓄するのか?はたまた親に借りるのか?カードで払って分割にするのか?

色々な方法が考えられるはずです。

ですので、悩まずに相談して一刻も早く今の現状を把握出来れば、もしかしたら自分で片付けられるかも知れませんし、良い方向に向かうかも知れません。

まず、一人で悩まずに誰かに相談しましょう。

困ったなぁ

 

不用品回収、片付けを依頼する前に?

ゴミ屋敷や汚部屋、遺品整理などは別にして、不用品回収や部屋の片付けを業者に依頼する前に考えてみて下さい。

日々、あ~片付けないとなーと思っている事がある方は、業者に依頼する前にお住まいの自治体ホームページの粗大ごみの出し方やゴミの分別方法などをよく見て下さい。

不用品回収や片付けを依頼される方は、思い立ったら吉日ではないですが、じゃあ~電話して聞いてみようと?

すぐに行動に移す方が多くいらっしゃいます。

しかし、今のご時世ゴミを処分するにもお金がかかります。

そこで、各自治体では粗大ゴミ(不用品回収)を行っています。

業者に依頼する前に、自治体の粗大ゴミ回収を利用してゴミの量を減らせば業者に依頼料金が格段に安く済みます。

女性の一人暮らしや、独身の方は中々難しかもしれませんが、それでも依頼の仕方で結構リーズナブルに出来ます。

見積もり時のポイントと交渉で処分費用を大幅に安く出来るはずです。

基本は、不用品を貯めこまない事と目に付いたらその時に調べ処分してしまう事です。

ワンポイントアドバイス

リサイクル

何かを買って家に持ち込んだら、それと同様の物を捨てる事です。

例えば、1足靴を買ったら1足捨てるのようにすると物は増えないはずです。

遺品整理の相談や汚部屋の片付け後の相談。

遺品整理の相談にいって参りました。

始めに片付けの依頼がネットで来ました。

私は、単なる片付け依頼の感覚で夕方にお伺いした所、結構ややこし問題もあり

片付けをする前に、今後の相続的な問題を片付けた方がいいと思い提案を致しました。

片付けはいつでも出来ますが、まず権利関係を明確にしないと片付けをしないで解体工事をしたほうが良い場合もありますし、片付け料金は誰が支払うのか?とか、相続が発生して今後その家はどするのか?土地と建物を誰が相続するのか、その他の相続人は相続を放棄出来るのか?

預貯金などはどうする?土地建物を売却して金銭での財産分与をするのかと、私が考えるだけでも多々ある為、身内で相談して税理士や司法書士はたまた弁護士を決める方が先という事をお伝えして、「弁護士、税理士、司法書士、測量士」などが必要で有ればご紹介をする事は可能ですと説明して帰って来ました。

片付けだけでも良いのですが、やっぱり最終的にはアイカエコサービスに相談して良かったと言ってもらえる

方がよっぽど嬉しいので、今回の片付けは仕事になっても相当先の話になりました。

思い出おばあちゃん