生ゴミの悪臭は酢で消える。

増殖した悪臭の元は酢で殺菌・嫌な臭いもこれで撃退!

台所の生ゴミが臭って、部屋の中に嫌な臭いが漂っている、ということがよくある。そもそも、生ゴミはなぜ臭くなるのでしょう?生ゴミが臭う原因には、「嫌気性微生物」が関係しているそうです。「嫌気性微生物」は酸素がない場所や水気の多い場所、不衛生な場所を好んで繁殖していくため、生ゴミが増えれば増えるほど繁殖して、臭いを発生させる原因となっている。生ゴミを捨てると生ゴミから出る水分が、ゴミ袋の下へと滴り落ちていく。この水分が微生物を増殖させ、悪臭をはなつ。そこで、酢を使って臭いを消す方法がお勧めです。その方法は、まず、酢を水で2倍位にうすめて次に生ゴミを捨てるゴミ袋の底全体にキッチンペーパーを敷き詰める。そのキッチンペーパーに、水で薄めた酢をまんべんなくかけて、キッチンペーパー全体を濡らす。これだけでOK酢の殺菌作用が生ゴミからでる嫌な悪臭を退治してくれる。

因みに生ゴミを捨てる際は、なるべく水分を切って捨てると良いでしょう。片付け専門アイカエコサービス