意外と知らないゴミ処分方法。

皆さんは、ゴミ部屋やゴミ屋敷になったらかならず片付け業者に依頼をしないと片付けられない、もしくは業者でなければ粗大ゴミ、一般ゴミを処分出来ないと考えていませんか?そのこたえはNOです。今お住まいの自治体には一般の方のゴミ処分も自分で持ち込んで格安で処分できます。

遺族ないないただ一般の方が知らないだけです。しかし最低限必要な事や物がいくつかあります、それがないといくら安いといってもご自分で処分することはできないでしょう。まず一番大切なのは、片付けるという気持ち、この気持ちがないのであれば業者に依頼をした方が手っ取り早いですし、わずわらしくないでしょう。

その気持ちさえあれば実行に移すだけですが、その前に事前準備が必要になります。お住まいの自治体に連絡をして焼却場の予約をを取ります。日取りが決まったらお近くのレンタカー会社に行き(軽トラック、1.5トンクラス)予約を入れておきましょう。プロでない方が持ち込むので余裕が出る位の大きさのトラックにしましょう。処分場の予約は10日~14日後位の予約が望ましいと思います。

ここまで出来れば、近所のコンビニ、スーパー、ホームセンターなどで45リットル位のビニール袋、自治体指定があれば指定の物を用意しておきます。さあ~これから実行です、自治体に持ち込む場合はキチント分別しないと処分場で処分して貰えないので、しっかりと分別しましょう。ここで先ほど言った10日~14日が必要だという意味があるのです。各自治体の資源環境局ホームページなどに詳しい分別が書いてあるのでそれを参考に分別すれば簡単でしょう。簡単に説明しますと、燃やせるゴミ、燃やせないゴミ、資源ごみ、粗大ゴミに分別すれば良いのです。

宣伝になりますがアイカエコサービスでは、処分費用に不安が有る方には片付けのプロを派遣し、実費での処分もお受けいたしております。因みに1日プロの派遣は2万5千円になります。ですので、お客様の方で車両、ゴミ袋、処分の予約をお取りいただければOKです。