横浜市ゴミ分別、これも燃えるゴミ?びっくりその3

今日も、横浜市の燃えるゴミ分別品目を書きます。

文具(プラスチック製)ベルト(バックル金属性は小さな金属)ヘルメット、便座カバー、ホース、台所用ボール(プラスチック製)ボール(野球硬式、軟式、テニス、バスケット、サッカー)補聴器、ポット(プラスチック製)ほ乳瓶(プラスチック製)ポリタンク、ポリバケツ、保冷剤、枕、まな板、ガラス容器以外のミキサー、水枕、眼鏡(レンズがプラスチック製)使い捨てライター(中身を使いきった物)ラジカセ50㎝以内、家庭用ラップ、ランドセル、リモコン(電池は除く)レコード、レジ袋、レジャーシート、ローソク、ロープ、ワープロ(50㎝以内)ワープロリボン、輪ゴム、など

3日間にわたり、燃えるゴミに関して個別品目をお伝えしてきましたが大まかに分ければ、多少プラスチックが混ざった物は燃えるゴミに出せると言う事、

プラスチックでリサイクルマークが無い物は燃えるゴミに出せると言う事です。

この内容は、横浜市資源環境局が発行している、ごみと資源物の分け方・出し方に記載されています。

たまにゴミ収集場所に残されている物で、これって燃えるゴミじゃない?と思われる物が有ります、ご自分が これってどっち?と思ったときには是非、参照してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です